格安SIM

【満足度の高い選び方】重視するポイント別のおすすめ格安SIM

こんにちは、atm(@atm_log)です。

私は約7年、格安SIMを利用しています。

これまで、数多くの格安SIMを利用してきた経験から、情報をお伝えさせていただきます。

利用したことのある格安SIM
  • IIJmio
  • Y!mobile
  • mineo
  • イオンモバイル
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル

はじめに:ポイント別のおすすめSIM

基準は、①通信速度、②電話重視、③サービスです。

atm

価格や容量に関して最近多様化していますが、今回は取り上げません。

通信速度重視のおすすめ格安SIM
  • 楽天モバイル
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
電話重視のおすすめ格安SIM
  • 楽天モバイル
  • 日本通信
サービス重視のおすすめ格安SIM
  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • mineo

通信速度重視のおすすめ格安SIM

通信速度重視であれば、次の3つの中から選ぶと間違いがありません。

  1. 楽天モバイル
  2. ワイモバイル
  3. UQモバイル

①楽天モバイル

楽天モバイルは2020年4月より、NTTドコモなどと同様に第4のキャリアとしての事業をスタートさせました。

atm

厳密に言うと格安SIMの部類とは少し異なります。

つまり、自社回線で運用しているので通信制限は設けていません

そのため、通信速度に関しては他の格安SIMと比べ物にならないくらい快適と言えます。

atm

私も使っていますが、遅いと感じることは全くありません!

ただし、デメリットとして楽天回線の使えるエリアがかなり限定されています

また、通信環境が不安定になる時もあります

atm

不安定になるといっても頻度は高くないので、支障が出るレベルではありません。

②ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開されています。

サブブランドという面から、他の格安SIMに比べると通信速度は安定していて、なおかつ速いです。

プランによっては通信速度制限後も最大1Mbpsで通信ができるので、それほど支障なく使用できると思います。

atm

ほとんどの格安SIMでは制限後の通信速度は最大128kbpsとなるので、かなり遅いです。

デメリットとしては、比較的利用しやすい容量の3GBプラン(プランS)は制限後128kbpsとなっている点です。

atm

低速時の通信速度も重要だと考えると、この点は残念ですね。

③UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドとして展開されています。

UQモバイルもワイモバイル同様、通信速度は安定して速いです。

atm

やすがサブブランドといった感じです!

低速時はSプラン(3GB)で最大300kbpsとなっていて、多少はマシに思えます。

atm

プランR(10GB)なら低速時でも最大1GBで通信可能です。

電話重視のおすすめ格安SIM

電話重視の中で、今回は無制限かけ放題に絞っています。

atm

多くの格安SIMで10分かけ放題などがあるので、それで十分な場合は重視しなくて良いと思います!

  1. 楽天モバイル
  2. 日本通信

①楽天モバイル

通信速度に引き続き、電話重視でもおすすめとして登場しました。

楽天モバイルでは「Rakuten Link」アプリから電話をすることで、無制限のかけ放題となります

登場した当初はAndroidのみでしたが、iOSでもアプリが配信され、多くの方が使えるようになりました。

atm

標準で無制限かけ放題となっているのは嬉しいですね!

デメリットとしては、Rakuten Linkでの電話が不安定であることです。

atm

私は使用していませんが、会話が途切れてしまうこともあるようです。

②日本通信

日本通信SIMは7月に合理的かけほプランという新プランを発表しました。

  • 月額基本料:2,480円
  • データ量:3GB(以降は1GBごとに250円で利用可能)
  • 通話かけ放題:込み(国内通話)

日本通信SIMの新プランでは標準で無制限かけ放題となっています

atm

この価格で国内通話無制限かけ放題は他のSIMにはありません!

デメリットはないとも言えますが、強いて言うなら、無料対象外の電話もあることでしょうか。

atm

通常の携帯電話番号や固定電話には無料なので、気にすることはありません!

サービス重視のおすすめ格安SIM

サービス重視であれば、次の3つの中から選ぶと間違いがありません。

  1. LINEモバイル
  2. BIGLOBEモバイル
  3. mineo

①LINEモバイル

LINEモバイルで人気があるサービスはデータフリーオプションです。

  • LINEデータフリー
  • SNSデータフリー
  • SNS音楽データフリー

atm

データフリーオプションを提供している格安SIMは多くないので、魅力の一つです!

LINEでは目的に応じたプランが用意されているので、利用状況によっては他の格安SIMの場合よりも価格を抑えることが可能です。

また、大手キャリアの3回線を提供しているので、スマホの買い替えを気にせずに乗り換えられます。

atm

デメリットらしいデメリットもありません!

②BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの魅力とも言えるサービスはエンタメフリーオプションです。

Youtubeなど21種類のサービスにおいて通信し放題となります。

atm

音声通話SIMの場合は月額480円で利用可能です!

よく利用するサービスが該当している場合は、プランを一つ上げるよりも価格を抑えることが可能です。

atm

こういったオプションを提供している格安SIMはないので大きな魅力です!

③mineo

mineoにはマイネ王というコミュニティサイトがあります。

このマイネ王を使って、データ容量のやりとりができたり、時にはイベントで容量が貰えたりします

atm

3GBでは足りないと言う方も工夫をすれば、それ以上のデータを貰うことが可能です!

オプションサービスではありませんが、スタッフの方やユーザーの方との交流の場があるのはマイネオならではの魅力です。

atm

マイネ王の存在が大きいのか、mineoはユーザーの満足度が高いです!

逆に言えばオプションサービス面での良さはありません

おわりに:重視する項目で選ぶ方が満足度が高い

いかがだったでしょうか。

より安くしたいと思われる方もいるかもしれませんが、価格だけを見て選ぶと失敗することもあります。

atm

これは格安SIMに限ったことではないですが、安さだけを求めると不便で後悔してしまいます!

まずは、スマホを何によく使っているのか見つめ直し、それにあった格安SIMを選択する方が快適に使えます。

atm

快適に使えると満足度も上がりますよ!

まとめ
  • おすすめの基準:①通信速度、②電話重視、③サービス
  • 価格よりも重視する項目で選ぶ方が満足度が高い
  • 重視する項目は人によって異なる
  • まずは使用状況の見つめ直しから

選び方に関してはこちらの記事もご参照ください。

【比較】格安SIMを選ぶ際の3つのポイントこの記事では、「格安SIMを選ぶ際に、どういうところで比べればいいのか」「格安SIMの種類が多すぎて、どれにすればいいかわからない」といった疑問を少しでも解消できる内容となっています。 格安SIMを選ぶ際のポイントとして、「価格および通信速度」、「独自のオプションサービス」、「最低利用期間やMNP等の手数料」の3つがあげられます。...

以上、「重視するポイント別のおすすめ格安SIM」でした。