格安SIM

【全員にオススメ】楽天アンリミットの新プランは選択の価値あり

こんにちは、atm(@atm_log)です。

この記事では、次のような内容を発信しています。

  • 楽天アンリミット新プランの内容
  • 容量別におすすめできる方
  • 新プランの活用方法

楽天アンリミットの新プランの発表があったけど、実際のところどうなん?

atm

料金などの細かい点は後にして、結論だけまとめるとこんな感じ!

楽天アンリミット新プランの活用方法
  • 0〜1GB:電話のみ・サブ利用者向け
  • 1〜3GB:MVNO利用者向け
  • 3〜20GB:他のキャリア利用者向け
  • 20GB〜:テザリング・固定回線なし利用者向け

私は約7年、格安SIMを利用しています。

これまで、数多くの格安SIMを利用してきた経験から、情報をお伝えさせていただきます。

利用したことのある格安SIM
  • IIJmio
  • Y!mobile
  • mineo
  • イオンモバイル
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル

はじめに:楽天アンリミット新プランは全員が持つべき理由になる

ドコモの新プラン「ahamo」の発表を皮切りに、通信業界の競争が激化しています。

もともと魅力的なプランであった楽天は、さらに新プランを打ち出しました。

atm

さらに値下げしてくると予想していましたが、やはりという感じ。新規参入するならインパクトが必要ですもんね。

新プランの内容は次のとおりです。

プラン料金(データ使用量に応じた従量制)

0〜1GB0円
1〜3GB980円
3〜20GB1,980円
20GB〜2,980円
  • かけ放題(RakutenLink使用)
  • SMS無料(RakutenLink使用)
  • メールアドレス提供(2021年夏頃)
atm

従量課金制になった以外は、以前のプランのままと思ってもらえると良いとです。

どの大手キャリアよりも安いです。

3〜5GBを使いたいっていう人には、格安SIM(MVNO)の方が安くなることもあります。

でも、格安SIMでも1,500円程度です。

atm

格安SIMのほうが安くても、通信速度が安定しませんよ。

楽天なら格安SIMに少しお金をプラスするだけで、高速通信が利用できます

なので、どの価格帯でも利用価値があります

0〜1GBは0円ですが、1回線目のみとなっています。

使用量別におすすめできる方とその理由

0〜1GB電話のみ・サブ利用者向け
1〜3GBMVNO利用者向け
3〜20GB他のキャリア利用者向け
20GB〜テザリング・固定回線なし利用者向け

今回の新プランは従量課金制となっています。

なお、データ利用量について、1GB・3GB・20GBまでなどの上限設定をする事はできません。

atm

これができたら本当に神プランでしたね!

それぞれの価格帯で解説します。

0〜1GB:電話のみ・サブ利用者向け

このデータ使用量であれば、1回線目は0円で利用できます。

ただし、スマホを普通に使っていると、1GBはすぐに超えるでしょう。

そのため、電話のみ、またはサブ回線として利用する方にはおすすめです。

atm

データ通信のメインを別のSIMやポケットWifiで行う場合を想定しています。

1〜3GB:MVNO利用者向け

このデータ使用量で収まると、980円となります。

スマホ通信量の中央値は3GBであるとの調査結果もあります。

atm

格安SIM(MNVO)も3GBプランが多いですよね。

MVNOと同価格、もしくはそれよりも安く高速通信を利用できることになります。

なので、現在MVNOを使っている方にはおすすめです。

3〜20GB:他のキャリア利用者向け

このデータ使用量では、1,980円となります。

他の大手3キャリアは20GBプランのみとなっています。

それでいて、価格は2,480円〜2,980円。

atm

3キャリアのプランは楽天の現行プラン(UN-LIMIT Ⅴ)を意識したものとなっています。

楽天アンリミットの方が安く、無制限かけ放題です。

大手3キャリアのプラン「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」を検討している方におすすめです。

20GB〜:テザリング・固定回線なし利用者向け

20GBを超える使用量では、現行同様、2,980円となります。

スマホ利用だけであれば20GBを超えることはほとんどないでしょう。

atm

中央値は3GB、平均でも7GB程度だそうです。

楽天回線エリアであれば、高速通信が無制限使い放題なので、テザリングでも快適に利用できます。

スマホ+固定回線の料金の支払いを考えると、このプラン一つで済ませた方が安いでしょう。

固定回線を引いていない、解約しようと考えている方にとってはおすすめです。

新プランの活用方法

楽天は安くて高速通信が使える非常にコスパの良いサービスです。

ただし、楽天回線はエリア拡大の途中で、圏外となることもよくあります

atm

こういった不安定を懸念されている人は多いでしょう。

契約を躊躇している方は、デュアルSIMに良いのではないでしょうか。

圏外になった時のために、サブ回線に格安SIMを契約しておく方法です。

atm

格安SIMはシンプルプラン(電話なし)にすると価格が抑えられます!

どのSIMでも良いかと思いますが、個人的なおすすめは次の2つです。

  • IIJmio(データプラン ゼロ(eSIM))
  • b-mobile(190PadSIM)

こちらの2つはサブ回線を最低100円台で維持することができます。

atm

基本的に使わないことを想定しています。

若しくはサブ回線はキャンペーンでお得なSIMに乗り換えて行くという手法もあります。

atm

ある程度サブ回線も使用する場合は、この方法も結構お得だと思います!

さいごに:楽天アンリミットは万人におすすめできる

楽天アンリミットは楽天回線エリアに在住の方はもちろん、楽天回線エリア外に在住の方にもおすすめできます。

その理由は従量課金制であることです。

楽天回線エリア外に在住の方は、楽天アンリミットを電話専用とすることで無料でかけ放題を利用することができます

atm

これからエリア拡大によってメインに切り替えることもできますね!

様々な使い方ができる楽天アンリミット。

ぜひ1回線は契約してみてはいかがでしょうか。

atm

紹介コード枠がまだ空きがあるため、ご連絡いただければお教えしますよ!

楽天アンリミット新プランの活用方法
  • 0〜1GB:電話のみ・サブ利用者向け
  • 1〜3GB:MVNO利用者向け
  • 3〜20GB:他のキャリア利用者向け
  • 20GB〜:テザリング・固定回線なし利用者向け