ふるさと納税

【節約】ふるさと納税はお得なのか(仕組み、方法)

こんにちは、atm(@atm_log)です。

この記事では、次のような疑問点を解消できる内容を発信しています。

  • ふるさと納税ってよく聞くけど、お得なの?
  • 興味はあるけど、どうやってやるの?

はじめに

ふるさと納税がお得かどうか結論を先に述べると、

 得しかない

と言えます。

その理由は次のとおりです。

ふるさと納税がお得な理由
  • 支払った金額以上の見返りがある
  • 手順が簡単で時間がかからない
atm

私は2015年にふるさと納税のことを知ってから、毎年欠かさず活用をしています!

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

出典:総務省ふるさと納税ポータルサイト

ふるさと納税は、実際には寄附です。

寄附額から2,000円引いた金額が翌年の税金から控除されます。

ものすごく簡単に言えば、翌年の税金を先払いしてくれたら、お礼を差し上げます、ただ手数料2,000円っていうものです。

atm

寄附額から2,000円引かれるなら、損しているのではないかと感じちゃいますよね。

実は、ふるさと納税がお得になる部分は、そのお礼(返礼品)にあります。

ふるさと納税による返礼品

ふるさと納税は、寄附をした自治体から、そのお礼として、返礼品を受け取ることができます。

寄附をしているのに返礼品?

atm

寄附を受けた自治体からすると、追加の税収になるので、お礼がいただけるんです!

ふるさと納税は実質、翌年の税金の先払いになります。

本来であれば、住んでいる地域に納めるべき住民税を、別の自治体(選択した自治体)に間接的に納めることになります。

つまり、寄附を受けた自治体は、その分得をしているので、そのお礼がいただけるということです。

ちなみに、現在、返礼品は寄附額の3割を上限として設定されています。

atm

過去には、5割を超える返礼品があり、すごく盛り上がっていました。

2,000円で寄附額の3割の返礼品が受け取れることになります。

これを聞くとすごくお得に感じませんか?

感じられた方はすぐにでも始めましょう。

住民票のある自治体に寄附をしても返礼品が貰えないのでしっかりと確認しましょう。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税サイトを利用

ふるさと納税をするにはどうすればいいの?

atm

ウェブサイトでお買い物をするように簡単にできますよ。

ふるさと納税をするためのサイトが数多くありますので、それを利用すると、簡単で手間も少ないと思います。

サイトごとに特徴がありますので、後ほど簡単に情報をお伝えします。

税金の控除上限金額の算出

ふるさと納税は、いくらでも寄附することは可能ですが、翌年の税金から控除される金額には上限があり、収入によって変わります。

各サイトでは控除金額の上限目安を計算できるようになっていますので、まずは上限金額を算出してください

atm

上限を超える寄附はお得になりませんので、上限金額の範囲内で寄附をしましょう!

上限金額は1月〜12月の寄附の合計額となりますので、年末年始に寄附される場合は注意しましょう。

返礼品の選択及び支払い(クレジットカードがおすすめ)

上限金額を確認した後は、その範囲内で貰える返礼品を選択し、そのままオンライン上で支払うことが可能です。

atm

クレジットカードでの支払いが、ポイントも貯まるし手間も少なくおすすめですよ!

なお、返礼品はサイトごとに異なったりしますので、いくつかご紹介します。

ふるさと納税サイトの特徴

【ふるなび】
返礼品として家電等を選択できる

【ふるさとチョイス】
ふるさと納税の老舗で掲載量が豊富

【楽天ふるさと納税】
楽天ポイントの還元がある

【ANAのふるさと納税】
マイルが貯まる

なお、私は以前まで、ふるさとチョイスやふるなびを利用していました。

atm

ふるなびはアマゾンギフト券が貰えるのかありがたいですね!

基本的に食品は欲しいとは思っておらず、生活の足しになるものとして、家電などを選べるところが魅力です。

楽天のサービスをよく利用される方にとっては、楽天がオススメです。

atm

お買い物マラソンなどを活用できるので、ポイント還元を合わせると他とは比べ物にならないくらいお得になります!

サイトごとに掲載している自治体の数や返礼品が異なるため、複数チェックするようにしましょう!

税金の控除申請(確定申告またはワンストップ)

ふるさと納税は簡単とは言いましたが、支払うだけでは翌年の税金控除は受けられません。

税金控除を受けるためには、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」のいずれかで申請する必要があります。

atm

とは言っても、難しいものではないですよ!

納税後、各自治体から書類が届きますので、指示に従って返送するだけです。

なお、ワンストップ特例制度の申請には期限がありますので、年末にふるさと納税をした方はご注意ください。

確定申告とワンストップはどちらがいいの?

ふるさと納税以外に控除するものがあり、確定申告を行う必要のある場合は、確定申告をオススメします。

企業等にお勤めの方で、年末調整以外に控除するものがない場合は、ワンストップを利用すると良いと思います。

ワンストップと確定申告のどちらも行った場合、ワンストップよりも確定申告の方が優先(ワンストップが無効)されます。
ワンストップしたけど、確定申告も行う場合、確定申告時にふるさと納税の控除を必ず含めましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。

収入のある方であれば、絶対にお得になると思います。

気になった方はぜひ色々なサイトで返礼品をチェックしてはいかがでしょうか。

atm

返礼品を見ているだけでも楽しくなりますよ!

ふるさと納税の内容と注意点
  • ふるさと納税はお得なので活用すべき
  • 税金控除額の上限は事前に試算を
  • ふるさと納税サイトによって返礼品が異なる
  • 確定申告とワンストップの活用には注意

以上、「ふるさと納税はお得なのか」でした。