日常

【口内ケアは定期的に行う必要あり】フロスと舌ブラシで口内をスッキリ保つ

こんにちは、atm(@atm_log)です。

この記事では、次のような疑問を少しでも解消できる内容となっています。

  • 口内のケア用品が多くて、どれがいいのかわかんない
  • 効力が高いものが知りたい

はじめに:フロスと舌クリーナーの効果

突然ですが、歯磨きされていますか?

atm

当然されていますよね。

では、フロスや舌クリーナーは使用されていますか?

この二つは使用していない人も以外といるんじゃないかと思います。

そんなフロスや舌クリーナーの効果は次のとおりです。

フロスと舌クリーナーの効果

フロス:歯磨きでは行き届かない歯の隙間の汚れを落とすことができる。

舌クリーナー:口臭の原因となる舌苔を取り除くことができる。

atm

私は数年前からどちらも使っています!

口の中を清潔に保つためには、歯磨きだけでは不十分です。

フロスは使った方がいいですが、舌クリーナーも併用することで、お口の中がスッキリします。

そんなフロスと舌クリーナーについて、いくつか試してみた経験から、効力が高いと感じたものをご紹介します。

フロス

歯磨きだけでは、歯間の汚れを落とすことができません。

そのため、歯間ブラシやフロスを使って、歯の隙間の汚れを落とす必要があります。

atm

歯の隙間の汚れって思っている以上にありますよ。歯医者さんに教えてもらいました!

ただ、歯間ブラシは歯に隙間がないと効果がありません

一方、フロスは誰にでも使うことができます。

フロスには、F字型やY字型がありますが、私は断然糸巻きタイプをオススメします。

理由は角度が変えやすく、力も伝わりやすいので、しっかりと汚れを落とすことができるからです。

atm

糸巻きタイプの中でも少し太めの方がより効力が高いです。

私が愛用しているのは、フロアフロスです。

フロスは最低でも二日に一回は使用した方がいいそうです。

atm

プラークはしっかりと落としましょう!

舌クリーナー

舌クリーナーは舌の上にある舌苔を取り除くことができます。

舌苔とは、舌の上にある白いものです。

atm

舌苔を取り除くと、スッキリします。

これまで色々なタイプを使用していましたが、タイプ別に特徴をお伝えします。

スクレーパータイプ

ソフトタイプとハードハイプがあります。

ソフトタイプは柔らかく、舌への負担も少ないですが、汚れの落ちる度合いは少し低いと感じました。

ハードタイプは舌苔が比較的しっかりと落ちますが、力を加えすぎると舌が痛くなります。

ブラシタイプ

歯ブラシよりも柔らかく、幅の広いブラシになっています。

スクレーパータイプよりも、落ちる度合いが低いので、何度か繰り返す必要があります。

ただ、ジェルを使用すると、スクレーパーよりも効力があると感じています。

atm

びっくりするほど落ちますよ!
このジェルを使ってから、他の商品を試さなくなりました。

おわりに:まずは一度お試しを

いかがだったでしょうか。

フロスと舌クリーナーが気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

フロスと舌クリーナーの効果

フロス:歯磨きでは行き届かない歯の隙間の汚れを落とすことができる。

舌クリーナー:口臭の原因となる舌苔を取り除くことができる。

以上、「フロスと舌ブラシで口内をスッキリ保つ」でした。